AGLAONEMA HONPO

アグラオネマ専門販売店 『アグラオネマ本舗』 映画レオンで使用された観葉植物

SHOPPING GUIDE

 


 
アグラオネマ
世界の観葉植物
アクセスカウンター

相互リンク

はんこ堂
印鑑・はんこ・会社印の通販ショップ

HOME»  blog»  LEONサングラス制作日記

LEONサングラス制作日記

LEONサングラス制作日記 店長日記
  • 件 (全件)
  • 1

レオンサングラス製造の件 お詫び

レオンサングラスを前予約頂いております皆々様、そして今後のご予約を検討中の皆様へ




大変お世話になっております。

この場をお借り致しまして、レオンサングラス製造についての最終結果をご報告させて頂きます。


はじめに申し上げますと、誠に残念な結果となりました。


価格の高騰により、多数キャンセルを頂く形となり、現状製造にかかるのが困難な状況となりました。


つきましては、一旦ここで一区切りと致しまして、本企画を終了とさせて頂きたく存じます。


ここまで長らくお待ち頂いておりました全てのお客様、また価格の大幅な値上げにも関わらずご予約を続行頂き、本企画を応援して下さった皆々様には心より感謝を申し上げると共に、深くお詫び申し上げます。


当方と致しましても誠に残念な結果となりましたがしかし、この企画が全く無になった訳ではございません。

いつの日か必ず実現できるよう、今後も動いて参ります。


将来的に販売となりました際には数量限定かつ前予約なしで販売致します。

そのため、当方でそれらの準備が整いましたらお知らせさせて頂きたいと考えております。


再度、前予約頂いておりましたお客様へは個別にご連絡差し上げたいと思いますが、まずはこの場をお借り致しまして本企画終了のご報告とさせて頂きます。



本企画に興味を持って頂き、応援して下さった全ての皆さまへ深くお詫び申し上げます。





                                                     アグラオネマ本舗 柴田

2015-12-30 11:56:01

コメント(0)

レオンサングラス製造について 報告

レオンサングラスを前予約頂いておりますお客様、また今後本商品のご予約を検討される皆々様へ




いつも大変お世話になっております。



大変長らくお待ち頂いております。

レオンサングラスの最終ロットやコスト等、鯖江眼鏡メーカー、製造メーカーと話し合い、決定致しましたのでこの場を借りてご報告させて頂きたいと思います。


まずロットについてですが、150個限定、追加生産は致しません。よって販売が決定した段階で、150個のみの製造となります。


続いてコストにつきまして、こちらが一番ネックになっている部分でございまして、大変申し訳ございませんが商品価格の値上げを現在検討中です。


当初、メーカーと当方間で予定致しておりました予定販売数を大幅に下回る現状がございます。

加えて一つ辺りの生産コスト及び手間の大変かかる商品となっておりまして、それらを妥協なくクリアし、製品としてお客様の元へお届けするには一個当たりの販売価格を上げる他ございません。


最終的に決定した本製品の販売価格は29800円/単(税込、送料別)となります。

上記の金額は当方の独断で決定したものではなく、もし、製造メーカーの方で本製品を販売した際、実際につけて販売する価格も参考に決定したものです。


製造コスト(部品製作代)、完全オリジナル、メイド・イン・ジャパン(鯖江)を考慮した価格となっております。



上記の金額で同意頂けないお客様が、現在の注文数の中で約過半数を占めた場合、誠に残念でなりませんが本製品の販売は中止とさせて頂きます。


当初87個の前予約を頂いておりましたが、製造時期が未定な事によりキャンセルが出たため、一時はここまで拘ったレオンサングラスは難しいのではないかと考えておりました。

キャンセルは当初から受け付けてはおりませんでしたが、ここまで長らくお待ち頂いておりますお客様の事を考えると当然であり、致し方ないことと考えております。


しかし一部のお客様から頂いた、この製品は何としてでも欲しい、是非製品化して欲しい等の熱いご要望を受け、これまで尽力して参りました。


加えまして製造メーカー、並び鯖江眼鏡メーカー様の多大なるご協力を得てこそ形になった本企画でございます。


このサングラスには様々な方の想いとこだわりが詰まっており、当方と致しましても何とか製品化し、お客様の元へお届けしたい。そう願っております。



近く、前予約頂いておりますお客様へはお一人ずつにメールを送らせて頂きます。
現状報告と価格の件で改めてご連絡させて頂く予定でございます。


一旦こちらを最新の現状報告とさせて頂きます。




どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

                                       



アグラオネマ本舗










 

2015-12-03 21:36:49

劇中画像での考察


**************************************
『レオン 完全版』
価格 ¥1,219+税
発売元 アスミック・エース
販売元 株式会社KADOKAWA 角川書店
****************************************************
ⓒ・1994 GAUMONT/LES FILMS DU DAUPHIN


今まで何度観たか分からないレオンですが、改めて見直し、やはり名作。

私が考える名作映画の条件が、
①何度観てもまた観たくなる②内容は分かっているのに決まったシーンで感動する③その映画にメッセージ性、愛がある

大きく分けて以上の3つなのですが皆様は如何ですか?

様々な内容の映画があり、そこで様々なストーリーが展開する訳ですが、貴重な時間を使って観るので、同じ時間を使って観るならばやはり生きることにおいて何らかの感銘、影響を与えて貰える映画が私は好きです。


レオンは内容が分かりやすく、大体どの方が観ても同じような解釈で楽しめる映画だと思います。
また、ジャン・レノ、ナタリーの演技力は勿論のこと、脇を固めるゲイリーの重要さに改めて感動を覚えます。

あっ、今日気がついたのですが、最後にレオンが撃たれる前、扉の裏にスタンスフィールドが隠れているんです!

皆さんは既に気がつかれていたかと思いますが、私、今日観て分かりました。

レオンファンを公言するならならここ重要ですよね;

細かいシーンですが、でも何か複雑な感じ...



レオン完全版、DVDでかなり安く出ておりますので今一度、観直してみられては如何でしょうか?




さて、私は通しで映画を観るのが必須なのですが、サングラス検証の場合、それでは時間がかかりすぎるためシーンごとに止めては再生を繰り返し行っておりました。

ブルーレイで再生したので比較的見易かったですが、画像にすると小さく、ぼけているものもございます;


比較のために掲載致しますが、画質の悪さはご勘弁を。







こちらは蝶番を止めている真鍮ピンです。前、横で計4個。左右合わせると計8個のピンが使われています。

当方オリジナルレオンサングラスでは、このピンの位置まで完全再現。

ヨロイとレンズの境界線に一か所ピンが止まっているのですが、もちろんこれも再現してます。




こちらはカシメ蝶番。

オープニング、トニーの店でのワンシーン。

このシーンでは、テンプル芯や蝶番がゴールドであることもはっきり確認できます。

このネジ部分がデザイン的にもカッコよく、かなり重要です。

パーツ数が多いことから、現在では珍しいものとなっております。

プロのサングラス担当の方曰く、「ここまでしっかりとした造りで、またパーツ数も多いのは初めて、驚き」とのこと....






お次はロゴ





劇中のサングラスは、ジュニアゴルチエという文字が刻印されておりました。

上の画像は当時のゴルチエ商品についていたタグです。


実際は有名なジャンポールゴルチエがデザインしていたもので、当時フレームの製造は福井県鯖江にて製作されました。

レオンサングラスはメイド・イン・ジャパンだったのですね。

これは推測の範囲ですが、《ジュニアゴルチエ》というタグがついた商品は、お値段が多少安く設定されていたものだったようです。
それほど裕福とは言えない主人公レオンが、高価なジャンポールゴルチエを着用しているのは演じる上で不釣り合いという事で、ランクが少し下に設定されていたジュニアゴルチエを着けたと考えております。文字の内容まではくっきり見えないためあくまで推測ですが。





次にテンプル横から見た時に見えるテンプル芯の段々部分です。




本当に画質悪い;スミマセン!!


こちら、実際の動画映像でご覧頂けるとお分かり頂けますが、目元に近いテンプル部分で段になって見えます。

当初はこれが何か分からなく、テンプル自体に段がつけてあるのか?と思っておりましたが、結論から申し上げますと、こちらも蝶番パーツの仕様によるもので、それがクリアテンプルから透けて映ったものです。

理に適っておりました。



蝶番の板は、テンプル芯よりも幅があるため、それがクリアテンプルから透けて、結果段に見えるというわけです。



こちらはテンプルが外に広がった画像です。

ジャン・レノの顔幅によりテンプルが開いていると思いきや、サングラスを外すシーンでも約5度ほど外に広げてあります。

私も当時のゴルチエ製品を着けてみましたが、かなりしっかりした作りのため結構こめかみが締め付けられる感じがあるんですよね。

そのため、あえて外に広げて作ったのだと思います。



それによって正面のフレームが、テンプルが広がることによって内となり、レンズも同様になります。

それが「レオンらしさ」をより強調させます。

平面にレンズが配置されるとのぺっとした表情になりますが、このテンプルの広げによってレンズに動きが出ます。


最後に、こちらも画質ちょ~悪い;ご勘弁を!!




先ほども記述致しましたが、耳にかけるのではなく、こめかみの締め付けでつけるイメージです。



それと、クリアテンプル部分は曲げが可能です。

どのサングラスでもテンプルは曲げれるように出来ており、少し折れそうで怖いですが、ご自分で調整も可能です。(実際は折れないそうですが...苦笑)


http://www.aglaonemahonpo.com/original10.html

2015-05-15 21:28:18

コメント(0)

お問い合わせ内容について

まず初めに、レオンサングラスを前予約頂いておりますお客様へのお知らせです。
 

以前公開致しておりましたレオンサングラス予約注文フォームにてご予約頂きましたお客様に関しまして、こちらでしっかりと数量のカウントをさせて頂いております。

前回予約された方で、新たな注文フォームのためもう一度打ち直し、再度ご注文頂くといったケースがございますので、お知らせさせて頂きます。

注文頂いた方は、こちらでしっかりと管理致しておりますのでどうぞご安心くださいませ。
ご迷惑おかけ致しますが、どうぞよろしくお願い致します。
 

さて、お次は既にご予約頂いておりますお客様、そして今後購入をご検討されるお客様向けの内容となります。


本サングラスについてのお問い合わせ内容の中でも、特に多かったご質問を以下に箇条書き致しまして、回答をさせて頂きます。


Q1:初回生産150個とありますが、次回生産予定はございますか?

現段階では150個のみの販売、ご予約となります。よってそれ以降の生産販売は未定でございます。
大変コアな商品であり、こだわりを持って作っておりますので、それに共感頂けるお客様を対象と致しております。

もし次回生産となった場合でも、数量はやはり限られたものになるのは確実です。




Q2:度付きレンズへの変更は可能ですか?また、本舗さんでご対応頂けますか?

大変申し訳ございませんが、度付きレンズをはめ込んだレオンサングラスは扱っておりません。

もし度付きレンズへの変更をご希望でしたら、お手数ではございますがお近くの眼鏡店様へご相談頂けますと幸いです。

レプリカ商品のサングラスを度付きにしたいというお客さまは案外多く、そういった要望を受けて頂ける店もございます。



Q3:こだわって作られている中でも、蝶番パーツが特殊だと思います。長年使っている際にこのパーツが摩耗して傷んだ場合、修理は行って頂けますか?


こちらは現在検討中です。

完全オリジナルパーツであるため、当然ですがどのメーカーも代替品を持っておりません。よって本サングラス製造を依頼致しておりますメーカー様に修理を依頼する方法がございます。

もしくは一からオーダーでパーツをお作り頂く方法がございますが、こちらはコスト的にもあまりおすすめできません。


そういった対応が今後可能かどうか、メーカーと一度相談してみます。



Q4:納期時期はいつ頃になりますか?


こちらは大変申し訳ないのですが、未定とさせて頂きます。

当方の都合で大変申し訳ございませんが、ロットの関係上、一定数量に注文が達しない場合、販売できません。

現在ご予約頂いておりますお客様は、上記の内容を全てご理解頂いた上で注文頂いております。


正式に販売が決定次第、ホームにて掲載致します。


どうぞよろしくお願い致します。



Q5:送料は?

送料についてですが、注文フォームより必要事項をご記入の上、送信内容確認ボタンを押して頂きますと自動返信メールがお手元に届くかと思います。(受信拒否設定をされている場合、メールが届きません。また、お問い合わせ頂いた際のご返信もこの場合出来ませんので、必ずinfo@aglaonemahonpo.comからのメールは受信できるよう設定の程、よろしくお願い致します。)

こちらのメール内容には地域別にかかる送料等が記載されたものとなります。


ただ、上記のメール内容を変更して送料は全国一律(一部離島等は除く)とさせて頂く予定です。

こちらも今後販売が決定した際、ホームにて正式にお伝えさせて頂きます。



以上ざっと頂いたお問い合わせ内容から抜粋させて頂きました。


最後に......




 

モデルの方は柴田さん?というお問い合わせ、ちょくちょく頂きますが、私ではございません!!笑
 


2015-05-06 22:22:51

コメント(0)

モデル

こんにちは!

先日、レオンサングラスのモデルを引き受けて下さったのでご紹介させて頂きます。


京都のポーキーズ様
http://www.porkys-jeans.com/


「本物のアメリカンアイテムを」をコンセプトとし、文字通りのこだわり抜いた、一切まがい物なしの商品を取り扱っておられます。

ここで改めて紹介するまでもないのですが、アメカジを愛している方々にとっては超有名ショップ様で、店内では選び抜かれた『本物』が見られるアメカジの聖地です。


昔から度々お世話になっております関係上、今回、サングラスのモデル撮影を無理言ってお願い致しましたところ、快く引き受けて下さりました。スタッフ井上様、ポーキーズ様、ありがとうございました!!
 




ブリッジ(レンズを繋ぐR部分)をピッタリ当てず、少し前にレンズが出た様な感じで、お洒落にかけて頂きました。

鼻当て(パット部分)のフィットと、テンプル(耳にかかる部分)がこめかみにしっかりと接地する造りのためずれ落ちることはございません。
 



胸元に、さりげなくかけて頂きました。

流石プロのモデル様、カッコイイです。




続いてこちらの自称デ・ニーロ様にもモデルをお願い致しました!!笑

  


渋い、渋すぎる!!このハードボイルド感、たまりません!!

 


ちょっとライティングを暗くして、レオンの雰囲気に....


レオンサングラスですが、頭を悩ませたもののひとつにレンズの濃さがございます。
レンズ選びのプロに、劇中映像とオークションで出品されていたサングラスを見て頂き、検証したところ、実際はかなり薄いスモークグレーとの結論が出ました。

それでは何故劇中ではあのような濃く、眼の表情が殆ど分からないレンズ色なのかというと、ライティングの関係でそのように見えるとのことです。

今回のモデル様に着用頂いたレンズは、当方で現在思案中レンズ4つの内、一番濃いKMスモークというものを用いております。

こちらは撮影用ではめ込んでおりますが、今後このレンズを使用するかは検討中です。


明るい場所では眼の表情が分かり、劇中のように少し照明を暗くしたり角度によって、殆ど眼の表情がわからないレンズ色。


もちろん肝心の紫外線カットもバッチリデス!!






次回はサングラスの拘りぬいた部分を、劇中画像と共に検証致します!!

お楽しみ下さいませ。



最後に....





ポーキーズ井上様




デ・ニーロ様


お忙しい中、撮影にご協力下さりまして誠にありがとうございました。


この場をお借りして御礼申し上げます!!

 



 

2015-05-01 15:46:00

コメント(0)

レオンサングラス最終試作完成

2015-04-11 01:12:00

コメント(0)

第二回 レオンサングラス~フロントとテンプル結合、蝶番完成~ 

長らくお待たせ致しました。


前回の続きになります、最終試作サンプルの経過報告です。
 
蝶番の完成により、フロントとテンプルがつながりました。
テンプル部分は直線となっておりますが、これから曲げて耳に当てる形状にします。
※このテンプル部分は、顔から耳までの幅が人によってそれぞれ異なりますので、この曲げによって調整します。お近くの眼鏡店にて調整可能です。もちろんご自分でも調整可能です。






 
蝶番パーツ同士を繋ぐネジですが、レオンのそれは見た目で分かるぐらい上に出ています。上記のサンプルはこのネジの出具合がまだまだですので、これは更に大きなヘッドのものと交換します。




非常に重厚な造りです。

今後の進行ですが、

鼻パット付け

レンズ入れ

枠磨き

バランス調整

右テンプル内側のNO WOMEN NO KIDSロゴ入れ(予定)

を順に行います。


実物のサングラスには、同じくテンプル右内側のみにジュニアゴルチエ(メーカー名)・型番と入っております。
角文字なアルファベットで実物は刻印されておりますが、こちらの書体を忠実に再現し、NO WOMEN NO KIDS刻印。









先ほど記載致しました工程を経て、11日にモデル撮影、15日までにホームにて公開予定です。

サングラス紹介フォームも新設致します。


本ブログにて公開日時等お知らせ致します。

 

2015-04-08 11:49:57

コメント(0)

第一回 レオンサングラス~フロントと蝶番一部~

当店をご利用頂いております皆々様、いつもお世話になっております店長柴田です。


ここから数回はサングラスの話題オンリーとなります。どうぞお付き合い下さいませ!!




さて、今回の最終サンプルですが、前回品とは大きく異なり、依頼させて頂いております工場様による完全手作りです。

サングラスのフロント部分、そしてこだわった蝶番パーツの一部が完成しました。


 
何故完全手作りかと言えば、フロント、蝶番パーツ、テンプル等々、全て前回の試作品から大きく形状変更したためです。

特にこだわった蝶番部品はカシメ蝶番と呼ばれるもので、LEONのそれは形状が少し前のものであり、
既存のものでは代用できないため作ることになりました。


実物は現在の一般的な蝶番とは比較にならないほどしっかりとした作りです。
 

 
これら画像のフロントは未だ磨きがかけられてないため濁った感じです。









 
ブリッジ(左右のリムを繋ぐ部分で、鼻が当たる部分です)の形状も変更し、前回品と比較して位置も変わりました。

正面のヨロイ部分裏から金色のカシメ蝶番が顔を覗かせ、このサングラス独特の雰囲気を醸し出します。


この蝶番やテンプルがゴールド仕様により、フレーム全体が飴色に見えます。


もちろん透明のアセテート素材ですので、使用年数が経てばレトロ感は出てきますが、劇中では映画用に3、4個程作られ、ジャン・レノ個人が愛用していた私物ではなかったようです。


そのため色あせによるものではなく、検証によりこの蝶番部品等々によるものだと確信致しております。


ですので、この部品は当然こだわるべきなのです。



 
次回へ続く

2015-03-26 02:26:33

コメント(0)

LEON サングラス 300個限定販売

アグラオネマ本舗ご利用の皆様

いつも当店をご利用頂きありがとうございます。



タイトルの通り、この度映画『LEON』にて主人公レオン演じるジャン・レノが
劇中で使用したサングラスを忠実に再現したものを販売予定です。

細部に至るまで、ひたすら映像と当時の資料で検証、再現しました。

資料に関しましては、映画が公開された90年代、実際レオンサングラスのフレームを製作されていた鯖江の眼鏡メーカー様にご協力頂き、サイズ等詳細をお教え頂いたものとなっております。

本品の製作は、日本が世界に誇る福井県鯖江市の某眼鏡メーカーさんに依頼、製作頂いたもので、
質、完成度共に大変高い品となっております。
 
初回150個は\19800(税込)にて販売予定。
 
乞うご期待下さい。

*画像はサンプルです。


                                                   

2014-08-14 14:18:09

コメント(7)

  • 件 (全件)
  • 1